けいすけ日記

出産、子育てからマイホームなど幸せの記録

無事に産まれました

当日の朝5時半に病院に妻を送り届けました。
手術は10時ごろの予定で、それまでにいろいろな処置や検査などが必要なため、僕は一旦帰宅するように指示されました。妻は手術の経験もなく、帝王切開をすごく怖がっていましたので、妻を残して帰るのがとても忍びなかったです。

 

9時ごろ僕は自宅のベッドで目覚め、支度をしてから再び病院へ向かいます。
病院の駐車場で、先に到着していた義母と合流し、いざ病院へ。

 

病室にて手術前の妻と面会します。
義母と二人で妻を励まします。もう頑張れとしか言えません。

f:id:keshita:20170808221518j:plain

助産師さんに呼ばれ、いよいよ妻は分娩室へ。
分娩室の前の廊下のソファで義母と母子の無事を祈ります。
物凄い緊張感でした。

 

15分後、分娩室から妻が出てきました。
え!?帝王切開って早すぎ!
と思ったら、緊急の出産が入ったため妻の順番を後回しにされたとのこと。
後から聞いた話では、もう麻酔の注射を打つ直前まで進んでいたそうな。。
産科ってこんなこともあるんですね。


そこからずっと病室で待機が続き、結局一時間半ほど遅れて手術が始まりました。
さっきの一件があったので、今度は結構リラックスした状態で待つことができました。

 

1時間後、助産師さんに連れられてついに娘がやってきました。

 

やぁ!

f:id:keshita:20170808215854j:plain

8月2日の午後0時18分、2970gの可愛い女の子です。
初めて抱く娘はとても小さくて、きれいな顔をしていました。

 

助産師さんが、「娘さんへメッセージを一言」とレコーダーを取り出し録音を始めたのですが、興奮のあまり「おめでとうございます!!」という意味不明なことを発してしまいましたww


妻は当日は傷が痛くて眠れないほどでしたが、翌日からは痛みも少しはマシになり、ご飯も食べれるほど回復しました。
頑張って産んでくれて本当にありがとう。出産を機に夫婦の絆がより深まったように思います。

これでようやくパパになりました。
娘とはいっぱい遊んであげたいし、妻の育児や家事もしっかりサポートしていきたいと思います。めでたし