けいすけ日記

出産、子育てからマイホームなど幸せの記録

新生児の沐浴と保湿

娘はお風呂が大好きです。どんなに泣いていても、ベビーバスに浸けると、にこにことご機嫌さんになりますので、大いに助かっています。
沐浴方法はキッチンのシンクにベビーバスを入れて、沐浴を行っています。最初はお風呂場でやっていましたが、僕の腰への負担が大きかったので、立ったまま行えるこのスタイルとなりました。

f:id:keshita:20171028211646j:plain

 

 一般的には生後1か月を過ぎたころから、赤ちゃんと一緒に入浴することが可能と言われています。娘はもう生後2か月を過ぎていますので、いわゆるお湯を張ったベビーバスに赤ちゃんを入れて洗う「沐浴」はもう卒業してもいい時期なのですが、僕は一人でゆっくりお風呂に入りたい風呂好き人間なので、まだ沐浴を続けています。一緒にお風呂に入りたいという気持ちもありますが、首の座っていない娘の面倒を見るという不安もあるので。

 さて、赤ちゃんは新陳代謝がとても活発なようで、よく汗をかきます。夏場は特にミルクと汗が混じったような独特なにおいがぷ~んとしてきたり、あせもがよくできましたので、一日に何回も沐浴をしていました。最近は寒くなったので一日1回の沐浴で大丈夫になりました。

近頃の娘はむっちり感が増量してきて、ちぎりパンのように腕や足に谷間がたくさんできますので、この溝に垢やほこりが溜まりとても臭いので、丹念に洗う必要があります。

f:id:keshita:20171028211839j:plain

 

f:id:keshita:20171028211738j:plain

手首の隙間にも、けっこう汚れが溜まっています。

f:id:keshita:20171028211758j:plain

また、どのようにして入ったのか分かりませんが、手のひらに中に大量のごみや糸くずが握られてすごい悪臭です。お風呂の中で手のひらを洗おうにも、結構な力でグーをしたままなかなか開いてくれませんし、せっけんのついた手をすぐに口に持っていこうとするので、手を洗うのはとても苦労します。

 赤ちゃんの保湿はとても大事らしいです。親戚の医者のおじさんが、アトピーを予防するためには新生児期から全身にしっかり保湿クリームを塗っとくことが大事だよと教えてくれました。赤ちゃんに肌はとても薄くて、乾燥しやすくてとてもデリケートらしく、しっかり保湿することでアトピーなどの肌トラブルを防いでくれるそうな。

我が家で使っている保湿クリーム。
f:id:keshita:20171028211909j:plain

アロベビーのミルクローション。
99%以上天然由来成分で出来ているオーガニックローション。アロマのにおいがとてもいい匂いで、保湿の際は毎回癒されてしまいます。

 

 f:id:keshita:20171028212246j:plain

ママ&キッズのベビーミルキークリーム。低刺激なスキンケアで、胎脂や羊水に近い成分でできているそうです。伸びも非常によく、使いやすいのでとてもおすすめです。